line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
11.30
 こんばんは、Keyです。
 ようようとゲーム制作を続けております。
 現在、フリーゲームと成人向けゲームと小説の3つの物語を同時並行で進めており、もう頭の中が全体的にヒッチャカメッチャカです。
 ただ、一つの話にずっとこだわっているよりも追いつめられなくていいですね。
 ほかの話を書いているときに、ふと、別の話のワンシーンが浮かんだりとかして、面白いものです。

 フリーゲームのシナリオは8割くらい完成(あくまでメインシナリオで、しかもエクセルに主要な台詞とかだけ書きだしたものです)したところです。
 今回のテーマは「相棒」「理想と現実」あたりです。
 タイトルをどうしようか考え中……とりあえず仮タイトルは「魔物娘と下剋上」。

 うん、どうしようもない。


 拍手くださった方、ありがとうございます。
 今後ともどうぞよろしくお願いします。

 それでは、また。
 
スポンサーサイト
line-s
11.26
 こんにちは、Keyです。

 今日までの間はアダルトゲームのほうを進めていたため、フリーゲームは停滞中でした。
 明日はそちらに時間を使いたいと思います。
 シナリオはできているのでいいとして、問題はシステムでしょうか。

 今回はがっつりとシナリオがあるゲームなので、DIABOLI-Caのようなパーティを自由自在に組んでいくシステムは合わなそう。
 だけれども、モンスター娘をいっぱいだしたい!
 何とか折衷案を出せないか考えています。

 あと、できたら、モンスター娘とデート(ではないけど、個別イベント的なの)をできるようにしたいんですよねぇ。
 DIABOLI-Caのときも、割とそういう要望ありましたし。
 作業量との兼ね合いもありますが、デートをして、心を開いてパワーアップ! とか?
 ちょっとベタすぎるでしょうか。
 要検討です。

 以下、拍手御返事です。続きを読む
line-s
11.23
 こんにちは、Keyです。

 作成中のゲームは4章目までシナリオができました。
 これでようやく半分。
 今回は結構イベントが長くなりそうなので、プレイ時間がそこでかかってしまうかもしれません。
 
 とはいえ、戦闘がおまけみたいにしたくはないので、サブイベントや雑魚戦闘を楽しめるような造りにしたいところです。
 うすぼんやりとしたシステムは考えているのですが、このあたりはメインシナリオが出来上がってから、それを邪魔しない形で追加していきたいと思います。

 さて、今回の話は、主人公(男)と相棒(女)のバディ物になるのですが、すこし恋愛、というかラブコメっぽい描写が入ってくる予定です。
 前回のDIABOLI-Caはそういった恋愛要素は皆無だったのでよかったのですが、今回はそう言う理由からきちんとヒロインを魅力的に書かなくてはいけないなぁ、と意識しております。
 というか「口も素行も頭も悪いけど、実は素直じゃないだけで、本当は芯が強くて優しくて包容力のある中性的な女の子」って需要あります?
 いや、個人的に大好きな要素を詰め込んだだけなんですけど。
 これが受け入れられないと、この話、始まる前に詰む恐れが……。
 不安がいっぱいです。

 拍手くださった方、ありがとうございました。
 それでは、また。
line-s
11.20
 こんにちは、Keyです。

 今日も今日とて新作のシナリオ書きでございます。
 本日も1章書き終え、3章が終わったところです。

 今回はゲームの性格上、主人公がしゃべります。
 めっちゃしゃべります。
 問題はそれが受け入れてもらえるかどうか、ですね。

 ドラクエや女神転生、幻想水滸伝などの喋らない主人公と違い、がっつりと喋る主人公にはどうしても好き嫌いがでます。
 そうなると、その主人公を受け入れられるか否かで、プレイヤーを選別することになってしまうと思うんです。

 感情移入すべき主人公が気に入らない奴だったら、プレイするの嫌になってしまいますものね。
 この点は、やはり書けば書くほど不安になります。
 自分が「良い」と思っているものが受け入れられないかもしれない、という不安といいますか・・・。
 それは。自分の思想や才能が採点される恐怖とも言えるかもしれません。

 でも、創作を行う以上絶対に避けて通れないものなんだろう、とも思います。
 目指すは「誰もに称賛される才能溢れる創作者」ではなく「誰にも評価されなくても創作を続けられるタフな創作者」。

 頑張ります!

 以下、拍手御返事です。続きを読む
line-s
11.19
 こんにちは、Keyです。

 こつこつと新作フリゲを製作中。
 今回は全8章構成で、いま2章まで大体のシナリオを書き終わったところです。

 とりあえず、最初の1章はオープニングで「立派な戦士になるといって田舎を飛び出した青年が、人間関係でつまずき、夢破れて一人自宅で軽作業の内職をしているところ」から始まるという。
 いきなり挫折中。
 あれ、なんかDIABOLI-Caもそんなだったような?
 そういえば、別に作っているゲームも「負け犬と蔑まれている三十路の冒険者が、宿屋を追い出されて一文無しになるところ」からはじまってるし。
 さらにさらに小説家になろうでちょろっと公開している小説も「魔物使いという忌み嫌われる才能のせいで人間関係を諦め、人里離れた山奥でひっそりと暮らしている青年」だったり。

 なんか、わたしの書く話は、軒並み主人公がダメ人間みたいだ……。
 たぶん、わたしが感情移入しやすいんだろうなぁ……休みの日は外に出ずに引きこもっているダメ人間だもの。

 そんなダメ人間ではありますが、ゲーム制作はがんばっていきますので、どうぞ応援してください。

 拍手くださった方、どうもありがとうございました。

 それでは、また。
line-s
11.13
 こんにちは、Keyです。

 フリゲの次回作を製作中。
 とりあえず、ボスとなる7人のキャラクターを固めたところです。
 あとはバックボーンと主人公とのかかわり方を作ると、メインシナリオ自体はほぼ完成かな。
 もちろん、それから後に実際のゲームに起こすので、そこでいろいろ変わったりするのですが。

 今回のお話は結構コミカルな感じにしたいと考えています。
 「気弱で引っ込み思案で言いたいことを言えないが、追いつめられるとテンパってやけくそ気味に強気になる主人公」と「直情型で口は悪くてあんまり頭も良くなくて、でも他人への気遣いや正義感を忘れないボーイッシュな女の子」がバディを組んで、世の中の理不尽と戦うようなお話。
 あ、もちろんファンタジーです。女の子は当然、魔物娘です。譲れません、譲れません。

 ディアボリカくらいのボリュームになるかなぁ、といったところでまだまだ未知数です。
 これから少しずつ作っていきたいと思います。

 以下、拍手御返事です。
続きを読む
line-s
11.10
 こんにちは、Keyです。

 制作開始したフリーゲームですが、少し変わったシステムを核にしたいと思っています。
 あるかたのコラムを読んで、閃いたのですが「小説や漫画におけるバトルの爽快感をゲームに取り込む」というコンセプトです。

 小説とゲームのバトルは、その構成においてまるで違います。
 小説などでは「一瞬の閃きや、駆け引き、覚醒などで格上の相手を一発逆転」というのが爽快感のある基本的な展開だと思います。
 しかし、同じことがゲーム、特にRPGではできなません。
 RPGのバトルは「敵の攻撃を耐え、回復しながらバシバシと相手にダメージを与えていく平坦な持久戦」が基本となります。
 駆け引きや覚醒は、基本的にイベントになってしまい、そこにプレイヤーの入る余地がありません。
 
 ということで、「各上に対して対抗するための閃き、駆け引き、一発逆転をプレイヤーが能動的に行う」という戦闘システムを構築しております。
 まだ、詳細は伏せますが、上手く造れれば、熱い展開、爽快感のある展開を演出できる……はず。
 「誰もやらなかった事、というのは、大抵、先人が思いついたけどあえてやらなかったこと」という有名な言葉が、ちょっと怖かったりもしますが。

 拍手くださったかた、ありがとうございます。
 それでは、また。 
line-s
11.08
こんにちは、Keyです。

すっごいお久しぶりです。
いや、放置してしまい申し訳ありません。
作成していたゲーム、わたしのパートはほとんど終了しました!
後は細かい調整とかを残すのみですが、それとは別にCGイラストはまだしばらくかかりそうなので、完成はそれを待つことになります。

というわけで、手が空いたわたしはフリーゲームの作成に着手しようかと思います。
現在は大まかなシステムとあらすじ、オープニングとエンディングの構想がまとまったあたりです。
これからまったりと、作り始めていきますので、ここでお知らせできることもできるかなぁ、と思います。

ずっと放置していたので、見てくださるかたがどれだけいらっしゃるかわかりませんが、細々と楽しんで作っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

拍手くださった方、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

それでは、また。
line-s
11.01
こんばんは、Nayukiです。

お久しぶりです。私が前回ブログを書いたのは6月でした。
あのころは暑かったのに、なんだかあっという間に冬になろうとしてます。

さてさて、かれこれCGを描き続けて1年くらいたとうとしてます。
ちょっとここで、エ○ゲのCGを描き始めてからのNayukiを振り返ってみましょう(誰得)

最初は、意外と描けるんじゃね!?と思って、なーんにも見ないで描いていたんですよ。
確かに、描けたっちゃ描けたんですよ。そして、それで満足してたんです。
なんですけどね・・・・今までキャラクターを全身描くことが出来なかった私が、
いきなり何も見ないでCGを描くことなんか出来るわけねーんです。
これに気づくのに、だいたい4ヶ月くらいかかりました(・_・;)
いつだったか、どうしても描けない構図があって、描けないわい!
ってなったときに、描けないじゃなくて、描かなきゃダメなんだ!と、Keyちゃんから喝を頂きまして、
そこからですかね、色々な講座や、他の方々の絵を見ながら猛特訓しました。
そしたら、今のままの絵じゃダメだ・・・と気づいたんです。ちょっと気づくのが遅かった。
取り敢えず、描いてるときに一番思ったのが、マスクって便利だ。ってことですかね(`・ω・´)
便利ツールを全然使いこなせていなかった!なんてこった/(^o^)\
もっと便利なのあるんだろうけど、取り敢えず、最低限使えればいいかな?と。

まぁ、なんやかんやでいろいろあったんですけど、今は順調に進んでいると思います。
制作が遅れているのは、確実に私のせいなので、罪悪感はんぱねっす。
あ、因みに私が描いているものは
●CG●顔グラ●戦闘ちびきゃら(味方)●
です。CG仕上げるのに早くて1週間くらいかかります。これ、やっぱ遅いですよね(_ _;)
変に差分にこだわってしまう癖が・・・もっと早く描けるスキルがほしいです。

やっぱり他の方々の絵をみると、う・・うめぇ・・と、凹んでしまうときは
多々ありますけど、今は自分を信じるしか無いですね!

ところで、作っているゲームがラブコメ純愛系RPGなんですけど、やっぱ需要は低いんですかね?
あんま見たこと無いので謎なんですけど(´・ω・`)まぁ、たとえ需要が低くても引き返せないっすけどね!
でも、プレイして面白いって思ってくれる方が少しでもいるといいな~。

うむ、ちょっと書きすぎましたかね。長々と失礼しました。
最後に、ちょっと息抜きで描いた落書きを挙げてみますね。

ネタ

素材のキャラを今描いたらどうなるんじゃほ?という。
チャイナとかなんだこれ。あとなんで長老とか描いたんだろ。深夜のテンションやばい。
ちょうどハロウィン前だったので、猫耳にしてみました。結局過ぎちゃったけど・・・。
遅れましたが、ハッピーハロウィーン( ^ω^ )
なんだか今年はやたらテレビでハロウィンハロウィン言っていた気が。
因みにうちはカボチャプリン1個食ったくらいです(笑

まぁ、こんな感じの絵にピンときたら、それはきっと私たちのゲームです(笑)
完成は来年春くらい目標!頑張るぜ!でも取り敢えず今日は寝るぜ!
それでは、おやすみなさい(つ∀-)

拍手ポチッとありがとうございました(´;ω;`)

line
プロフィール

Nayuki&Key

Author:Nayuki&Key

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最新トラックバック
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。