line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
12.25
 メリークリスマス、Keyです。

 クリスマスムードで町中がキラキラしてていいですね。
 ですが、わたしは昨夜に『チューボーですよ!』が最終回を迎えてしまったショックでぐったりです。
 いつも見ていた、というわけではないのですが、時折見てはどこかホッとするような番組で大好きだったので、とても寂しいのです。

 20年以上続いた番組でも終わりは来る。
 そういえば明日はSMAP×SMAPの最終回ですね。
 時代は着実に変わってきているんだなぁ、と年寄りじみた実感をしみじみと感じております。

 とはいえ、クリスマスの煌びやかさは何年たっても変わらないのでしょうね。
 とりあえず、昨日の残りのご馳走を食べながら、ゆっくりクリスマス特番でも見ながら過ごすことにします。

 以下、拍手御返事です。続きを読む
スポンサーサイト
line-s
12.20
 こんにちは、Keyです。

 最近、はまりにはまっていたソフィーのアトリエを封印しました。
 だめだ、これ、時間いくらあっても足りない!

 というわけで、ゲーム作成やらなにやらに集中するため、PS4封印です!
 かわりにゲームセンターCXのDVDを買いました!

 毎年この時期のお楽しみ。いまもDVDを掛けながらゲームを作っていました。
 とりあえず、メインのシステムの動作確認ができたので屋台骨は出来た感じですね。
 シナリオは基本的に出来上がっているので、完成度は……うん、5%くらいかな。

 先は長いですが頑張ります。

 拍手くださった方ありがとうございました。
 それでは、また。
 
line-s
12.16
 こんにちは、Keyです。

 最近、ソフィのアトリエのせいでなかなかゲーム制作の進捗がなかなか進んでおりません。
 いや、さぼりとかじゃなくて、これは情報収集! 必要なことなのです!

 なんて言い訳をしながら今日もゲーム。
 あぁ、つくるのもいいけど、やるのもたのしいなぁ。

 ちなみに新作フリゲはいま、オープニングを作っています。
 自信ないので、一章ができたらここを見てくれているどなたかにでも少しやっていただいたりしてみようかなぁ。
 やってくださるかたがいるかどうかが問題ですが。

 以下、拍手御返事です。続きを読む
line-s
12.12
こんにちは、Keyです。

久々にコンシューマゲームをプレイしています。
「ソフィーのアトリエ」です。

アトリエシリーズは割と好きでちょこちょこやっているんですが、今回のこれはかなり面白い!

「アイテム収集」⇒「新アイテム作成」⇒「強力な新アイテムで強敵を撃破」⇒「より強力なアイテム収集」⇒・・・

と、細かい達成感と爽快感が連鎖反応のようにつながり、やめ時を見失います。
やっぱゲームの面白さの本質って、こういうところだよなぁ、と再確認しました。

シナリオや雰囲気も重要ですが、次にゲームでは、こういうレベルデザイン的なものを大事にしていきたいです。
ゲームシステムのさらに洗練していかなければ……。
がんばります。

拍手くださったかた、ありがとうございました。

それでは、また。
line-s
12.10
 こんにちは、Keyです。

 「ボクっ娘が好き!」というただそれだけの話題でまさかの二日目に突入したこのブログ記事。
 誰が見ているのか、何人が見ているのかもわからないまま、それでも気にせず突っ走ります。

3、劇場型のトリックスター
 ボクっ娘の3タイプ目は、いわゆる「全部わかっててやってる」確信犯的なタイプです。見た目は、スラリとシャープな体系の男装の麗人か、逆に女性らしいスタイルで露出の多いセクシーな美女、というのが定番でしょうか。
 言動がいちいち芝居がかっていて、大袈裟。精神年齢がとても高く、なんでもお見通しだ、とばかりに本質をついた一言や思わせぶりな言葉を吐きます。
 常に余裕があり、口元に笑みを絶やさない超越者、傍観者的な態度もこのタイプの特徴です。
 ルールや常識に囚われない自由な精神で、男性的、女性的、という見た目に関わらず“性”というものにもこだわりがなく、ボク呼びもその一環として表現されていることが多いです。
 ファンタジーなんかだと「女性の姿をしているが、実際のところは“性別”というものがない」なんていう神や悪魔の化身みたいな設定も定番ですね。
 このタイプの魅力は、とにかく素敵で詩的な台詞回し!
 日常生活で聞いたら恥ずかしくて悶死しそう、というか黒歴史確定な演技過剰な台詞をサラッと吐いてくれるのが、最高に素晴らしい!
 既存のアニメや漫画なんかだと「ボクは“自動的”なんだよ」とか「僕は君を愛しているよ……それがこんな形でしかあらわせないとしてもね」(うろ覚え)とかですね。
 いや、もう中二病な心にビンビン来る台詞をわっさわっさと吐いてくれるのがたまりません。
 そんな彼女が主人公との触れ合いの中で、一欠片の人間性を獲得し、最終的には二人で添い遂げる、なんて展開が王道です。
 いつも面白がって、状況をひっかきまわして、上から目線でからかって。
 でも、誰よりも素直に情熱的に愛を捧げる。こうやって書いていると素直クールとの相性もよさそうですな。

 ちなみに、わたしが一番好きなのはこの3つめ。
 すき、ちょー愛してる。
 漫画とかだと敵側なことが多いけど。


 ……ふぅ、書いた書いた。
 もう、最後のほう何かいてるんだか自分でもわかりませんでしたが、とりあえず楽しかったので、よし!
 うん、なんか、ネタが無くなったらまたこういうの書こう。

 拍手くださった方、ありがとうございました。
 それでは、また。
line-s
12.08
 こんにちは、Keyです。

 いまひとつ書くことがないので、今日からは恥ずかしい嗜好でも赤裸々に語っていこうかと思います。
 というわけで、今日のテーマは「ボクっ娘」。

 いいですよね、ボクっ娘。
 「現実にいたら痛い」って嫌がる人が多い、なかなか尖った要素なのですが、是非とももっと流行っていただきたい。
 なんなら、全ての作品に一人はボクっ娘がいてほしい。
 ツンデレみたいに。
 そのくらい、メッチャ好きです。

 で、ボクッ娘の魅力なんですが、ボクっ娘は大きく分けて3つに分かれると思います。

1、元気で無邪気なボーイッシュ
 おもにショートカットで運動が得意な中性的な女の子。
 無邪気でいまひとつ世の中の常識とかに疎い感じで、自分のことを「ボク」と言っていることに違和感を感じていないようなタイプです。
 男兄弟の中で育ったとかで、自分が女のコであるという自覚に疎かったりして、とっても無防備。スキンシップなんかも意識せずにバンバン行っちゃいます。
 だけど、あるとき触れ合った主人公に異性を感じてドキドキしてしまって、でもそんな自分の感情の正体がわからずに戸惑ってしまう。
 普段は全く女性らしさがないにもかかわらず、ふとした瞬間にみせる女らしさのギャップと、子供から少女へと目覚めていく初々しい愛らしさがこのタイプの魅力です!

2、ミステリアスな不思議ちゃん
 何を考えているかわからない浮世離れした女の子。
 外見はショートで中性的だったり、ロングで女の子らしかったりと、あまり統一のタイプはありません。
 無口で大人しく、独自の世界を持っているため、独特の言い回しを好みます。ボク呼びもその一環ですね。
 ぶっきらぼうで人当たりが悪かったりもしますが、天然なのか狙ってるのかわからない際どいボケをさらりと言ってのけたりします。
 また、同時に孤高の天才設定なんかもよく持っています。
 凄い美少女(美女)で突出した才能を持っているが、それゆえに周りからはなに考えてるのかわからなくて近寄りがたい、とか思われて孤独を抱く彼女。
 自分が他人とズレていることがわかりながらも、上手く周りに合わせることができず悩んでいる。もしくは、自分が悩んでいることにすら気付けず、生きている。
 そんな彼女は、普通の一人の女の子として扱われることによって、心を開き主人公に絶対の信頼を抱いていくのです。
 浮世離れしていてピュアな女の子が、とにかく一心に不器用な好意をぶつけてくる、なんて王道で素晴らしい。

 と、なんか書いててすごく長くなってきたので後日に続きます。
 好きなものについて語るって楽しいよね。

 拍手くださった方、ありがとうございました。
 それでは、また。
line-s
12.04
 こんにちは、Keyです。

 Nayukiの絵がどんどん進んでおります。
 それが終わったら、販売用の成人ゲームは完成です。

 てなわけで、その間に私はせっせせっせとフリーゲームを作成しております。
 ついにメインシナリオは最終章を残すのみとなりました。
 魔物娘のサブシナリオさえなければ割と早く完成できそうかなぁ、と言ったところですが……うーん、やっぱりほしいよなぁ。
 悩みまくりです。

 ここまでシナリオができてくると、主人公やヒロインの性格もかなりしっかり固まってきました。 
 私は、キャラクターをつくるときは、有名な漫画やゲームのキャラをモデルにし、過去やら思想やらを設定して、それに合わせてアレンジする手法をとっています。
 とはいえ、あまり“そのもの”になってしまうと丸パクリになってしまうので、そうならないよう気を使わないといけません。
 今回の主人公とヒロインもモデルがいますが、バレないかドキドキだったりします。

 以下、拍手御返事です。続きを読む
line
プロフィール

Nayuki&Key

Author:Nayuki&Key

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最新トラックバック
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。